兼松株式会社Kanematsu Corporation.
Recruitment Information

メニューを開く
Menu
メニューを閉じる
Close

Dialog 01 2016年同期社員@居酒屋

Dialog 012016年同期社員@居酒屋

若手にもドンと任せてくれるから
仕事も遊びもトコトンやりきれる。
だから、兼松は面白い!

[入社の経緯]社員のきさくさと距離感の近さ 就活で感じた兼松の社風

山田

今日は、2015年同期入社でいよいよ3年目を迎えようとしている若手の精鋭に集まってもらいました。それぞれ出身から現在の所属部門、働き方まで大きく異なる4名ですが、いつも通りざっくばらんに、みんなのホンネを聞かせてもらいたいと思います。まず始めに、そもそもみんな兼松とどういう接点があり、どういう経緯で入社を決めた?

志熊

その前に、なぜ商社志望だったかなんだけど、学生時代バックパッカーで中東に居る時に1人の商社パーソンに出会ったわけ。中東で何を売っていたと思う?

妹尾

黒い服?もしくは、食料品とか。。。

志熊

普通はそう思うよね。実は「下着」を売っていたんだ。中東ではみんな、黒い服を着てると思うんだけど、みんなどこでオシャレを楽しむかというと下着しかないんだよね。中東で下着を売るなんて当時の自分では想像もつかなくてさ。その時に、(モノはそこにあるのに、)人が考え付かないようなビジネスをしている彼に魅力を感じて、考えてビジネスを作っている商社に興味を持ったのが始まりだね。
だから商社を中心に回っていた。で、兼松を選んだ理由は事業創造集団をキーワードに若手の内から事業創造するチャンスがあると思ったからかな。あとは「人」も大変魅力的だった。会う人会う人、目が輝いてた。

福岡

「人」は私も一緒かな。私は元々生活必需品に興味があって、海外と取引ができる企業を探してた。だから、志熊と一緒で商社中心に受けてた。就活中にOBOG訪問もしてたんだけど、そのとき[仕事のやりがい]を聞きたくて、ふと「仕事は楽しいですか?」って聞いてみたのね。

福井

みんな楽しいって言うんじゃないの?

福岡

もっと規模の大きい会社の年次のうえの方が、「組織が大きくて楽しさを感じるのは難しい」というようなことを仰っていた。結局、色々な方に聞いたけど、現場の社員も最終面接の面接官も顔をしわくちゃにして「仕事は楽しいよ。」と楽しそうに熱く語り始めたのは兼松だけだったんだ。

山田

それえは確かに思うな。兼松の社員ってみんな活き活きとしてて、仕事を楽しんでるよね。

福井

あと、兼松って一次面接で課長が、二次面接で部長、最終面接では役員が面接官だったけど、どの面接でも親身に話を聞いてくれて、距離感がすごく近いと感じた。内定が出たあと社内のソフトボール大会に参加したときも、若い人と役員がきさくに話していたし、面接のときの印象は間違っていなかったと思ったな。

妹尾

僕の場合はありきたりな理由だな。海外志向が強かったんだよね。高校生の時に海外に行く機会があって、周りの同年代の学生がみんな英語ぺらぺらで、レベルの違いに驚嘆したんだよ。

山田

確かに外国の人って英語が上手いよね。

妹尾

そうそう。それで、将来はこういう人達と一緒にレベルの高い仕事をしたいなって考えてた。そんな中商社を選んだのは、自分の力で世界と勝負したいと思ったから。僕が出会った外国人はみんな、企業のブランドとか商品の名前ではなく、自分がどういう人間かで接してくるんだよね。
だから、商品を持たない商社でなら、自分の名前でビジネスができると思ったんだ。

山田

それでなんで兼松?

妹尾

兼松は良い意味で少数精鋭だから一人で色々なことができると思ったわけ。実際入社してみてそれは凄い実感できてるな。2年目なのに一人で、お客さんの相手をしたり、海外出張したり、時には外国のメーカーさんと一緒に英語で図面を見て議論もするし。

福井

みんな色々やってるんだな(笑)

[入社前後のギャップ]フランクな社風とは裏腹に 真面目で堅実な仕事ぶり

山田

同期とか見ても、工場で実験している人もいれば、加工食品の調理をしている人もいるし、商社の業務の幅って正に無限大だね。ちなみに入社前に抱いていたイメージと入社後の現実にギャップは感じた?

福井

良い意味でギャップはなかった。兼松には裁量権があるって言われたけど本当に若手の内から責任のある仕事に携われると感じるな。若手に任せられるって、会社の懐の深さだと思う。僕は入社2年目から財務部の資金課で為替リスクのヘッジを行うために銀行為替予約の取得などを担当しているけど、この仕事って、一つ間違えれば、冗談では済まされないくらいの損失が出る可能性がある。そんな大仕事を自分に任せるなんて……。最初言われたときは、「この会社、大丈夫か」と不安に思った(笑)。大きなやりがいがあるから、僕としては大歓迎だけどね。

志熊

僕の場合、面接で会う社員のフランクさに、じつは一抹の不安を感じていたんだよ。仕事もユルイところがあるんじゃないかって。ところが、そこはしっかりしていて、仕事に関しては真剣で真面目な人が多いんだよね、ウチって。そこが、いい意味でギャップだったといえるかもしれない。

妹尾

それは何でかって考えてみると、裁量が大きい分、担当業務に対する責任感が強くなるんだと思う。それに、他の人間では替えが利かないという自負もあるしね。「俺がやる、俺だからやれる」と、ね。だから、自然と仕事に対しては真剣・真面目になっていくのだと思う。本当に、ウチの社員、仕事は全力だから。

福岡

そう、自分で言うけど本当に全力で打ち込んでるよ。そのぶん遊びも全力だけどね(笑)

志熊

兼松は商社でありながら「開発」をしている点も全力で、真剣にどうすればお客様に対してより価値がある提案ができるかを考えた結果だと思う。右から左へモノを動かすだけなら、短期的な利益を追求する道もアリだけど、お客さまと一緒に汗をかいてモノを開発し、市場を育て、5年、10年という長期間にわたって商売していくとなると、お客さまとの深い信頼関係がないと無理。商売として成り立たない。

福井

真面目で誠実に取り組めなければ、信頼関係は築けないからね。そういうところが社風となって、面接官からもにじみ出てくる。だからそこに共感できる人とか、そういう雰囲気をまとっている人が、自然に集まってるんじゃないかな。

山田

ありがとう。あとは、社会人になればプライベートと仕事はきっちり切り分けられるものだと思っていたけど、ウチの社員は土日のプライベートな時間を同じ会社の人と過ごすことも多い。僕の場合はここが大きなギャップだったな。部活の試合メンバーが足りてなくて、無理やり駆り出されることもあるけど。(笑)

福井

たしかにそれはある。(笑)

[今後の目標]それぞれが描く明確な将来像

山田

なかなか熱くなってきました。良い感じですね。(笑) さて、この流れで聞きたいんだけどこれまで働いてきて、今後の夢とか決まってきた?

妹尾

プロジェクトを中心になって進める立場になってみたいよね。自分の名前でプロジェクトを進め、関係するあらゆる会社を巻き込む。行く行くはかなり大きな案件のプロジェクトマネージャーをしてみたいな。

志熊

僕は商社としてはゼネラリスト。電子・デバイスに関してはスペシャリストになりたいよね。

山田

それってどういう意味?

志熊

兼松には他に車両航空/食糧/食品/鉄鋼素材プラント/電子・デバイス部門/職能部門があるよね?僕は将来的に他の部門と電子・デバイスで全く新しいビジネスの創造をしていくことが目標なんだ。そのためには、他の部門が何の仕事をしているのか、どんな価値を生み出しているのかについては包括的に理解してて自分でも出来るゼネラリストになる。そして電子・デバイス関連については、何でも提案できるスペシャリストになる。それら2つを組み合わせて、部門を越えてオール兼松で勝負できるようなビジネスを作りたいな。電子デバイスx食糧x財務みたいな感じでね。

山田

つまり法務的な知識や財務的な知識も知っておいて、他営業部門とコラボした案件をやりたいってことだね。確かに、総合商社で働いているんだから、そういったことが出来る人間になりたいと思うよね。福井はどう?

福井

僕は買収案件とかでメインで関わっていきたい。もっと職能と営業は関わりを持ってお互いの良さを引き出していきたいな。営業さんの中には為替とかわかんない人もたまにいるし、そういった人達とも切磋琢磨してより良いビジネスを立ち上げたい。

[兼松の魅力]今を心から楽しめて、それを仕事のエネルギーに変えられる人たちが集まっている

山田

入社2年目でここまで商売のことがわかっていて、今後の夢も語り合えるって凄いことだと思うな。最後になるけど、2年目のみんなから見て結局、兼松の強みや魅力って何だと思う?

福岡

規模と資金力を武器にビジネスを生み出そうとするのではなく、「自分たちの創意工夫でどうやってチャンスをつくり出すか、利益を出すか」、常に考えているよね。そこが強みだと思う。

福井

「敵を知り、己を知れば」ってやつ?

福岡

みたいなね。担当業務は担当業務として全力を尽くすけれど、それとは別に独自に情報収集したりして、何かできることはないか、いつも探っている。同期や上席、みんなそういう雰囲気だからいつも刺激を受けている。もっと頑張らなくちゃって。

志熊

そういう「チャンスを作って突破しよう」という意識が強いから、社員は徹底的に仕事をやり切ろうとするし、難しい課題にぶつかった時も「どうやって乗り越えてやろうか」と奮いたつような人が多いんじゃないかな。

妹尾

社員がチャンスを見出したときは、その芽を育てていこうという社風もあるしね。兼松で長く続いているビジネスを紐解いていくと、最初は一人の社員の着想と行動力が出発点だったりして、驚くことが多い。

福井

商社のビジネスには、「投資」という側面もあるけれど、兼松の場合は「地に足のついた商売」という印象が強いね。もちろん事業投資も行っているけれど。信頼を一つずつ積み上げながらビジネスを育てていく。そのためには、いくらでも汗をかける、頑張れるという感じかな。

福岡

それから、会社と会社の仲間が好きで、社員同士の結びつきがとにかく強いのも兼松の特長じゃないかな。

志熊

それは間違いない(笑)2015年入社の同期は40人程度だし、下の代も上の代もそれぐらい。この規模感だから、皆が一堂に会するイベントもたくさんあるし、必然的に繋がりも深くなるよね。

山田

22時くらいから飲み始めて、翌朝も早くから仕事があると分かっていても、とにかく盛り上がる。気づいたら1時、2時なんてこともしょっちゅうだしね。

福岡

そんなに頻繁に飲んでても一向に飽きないのは、常にメンバーが誰かしら新しいビジネスアイデアなどを考えていて、議論のネタや話題が尽きないからだと思う。2年目にもなってくると、みんな自分の商売を語りたがるし、まさに酒場は「事業創造の母」だよ(笑)

妹尾

それで、翌朝二日酔いでフラフラになりながら出社する(笑)

全員

(笑)

福井

社内イベントが多いのも兼松の特徴だね。運動会にソフトボール大会、社内ゴルフコンペ、フィッシング大会……。

妹尾

寮のイベントの「バスハイク」という恒例行事。あれはすごいよね。チャーターしたバスで近郊へ出かける小旅行のようなイベントで、朝6時にバスに乗ってから21時に解散するまでとにかくみんなで飲み続ける。本当にめちゃくちゃ(笑)。でもウチの社員は、そのくらい、遊びも全力なんだよね。

福井

まったく(笑)。けれど、その一方で、地道に震災の復興ボランティアも続けていたりする。自分が参加したときは漁網の修理をする活動だった。そこで、他の部署から来ている社員とも交流が生まれて、その結びつきが業務を円滑にしてくれたりして。

福岡

今いる環境を心から楽しめて、それを仕事のエネルギーに変えられる人たちが集まっている。そして、そんな社員一人ひとりの力が影響しあって何倍にも大きくなっている。

志熊

そう。月並みな言葉だけど、本当の意味での「社員の総合力」が、兼松の最大の強みなんだと思うね。そんな仲間がいて、全力を出せる環境がある。だから兼松は面白い!

山田

どこまでもゲンカイシラズに、皆でさらに上を目指していけたらいいですね。そして、この座談会を読んだ学生の皆さんが、私たちの仲間に加わって共に頑張れたら嬉しい限りです。それでは今日は皆さん、ありがとうございました!

Dialog Index