兼松株式会社Kanematsu Corporation.
Recruitment Information

メニューを開く
Menu
メニューを閉じる
Close
エントリー
Entry
マイページ
MyPage

Dialog 03 エリア若手社員×ワーキングマザー

Dialog 03エリア若手社員×ワーキングマザー

バリバリ働く、仕事と子育てを両立する。
いろんなお手本が社内にいるから
未来の自分がイメージできる

《 就職活動について 》親しみやすさとチャレンジングな雰囲気 兼松が一番自分に合っていた

辻井

私は小学5年生から中学2年生までの3年半、父の仕事の関係でアメリカのオハイオ州で暮らしていました。このときの経験を生かせる仕事、また転勤を気にせずじっくりと働ける仕事を志望していたので、商社の事務職を中心に活動していました。その中で、兼松が一番自分らしくいられたと感じたのが、大きかったですね。

小坂

同感です! 面接官が真剣に話を聞いてくれているのが伝わってきたし、合いの手の入れ方が上手なんです。私が話しやすいように、質問を投げかけてくれるタイミングも絶妙でした。面接会場に漂う、親しみやすい雰囲気が、自分に合っていると感じたことをよく覚えています。

笠原

親しみやすさだけでなくて、チャレンジングな雰囲気を感じられたことが入社の決め手でした。私は、結構体育会系で、中学は剣道部、高校ではチアリーディング部でバリバリ部活動に打ち込んでいたんです。目標を設定して、挑戦していく中で感じる成長が好きでした。だから、仕事でも同じように挑戦できる環境がいいな、と。そんな気持ちが伝わったんですかね。面接のときに社員の方が自ら挑戦していることについて話してくれたんです。しかも、とても楽しそうに。そのときの表情や語り口がとても胸に響きました。

大塚

私は、大学で専攻していた貿易知識を仕事でも生かしたい――それが、会社選びの基準でした。でも、みんなと同じようにそれだけで決めたわけではなくて、社員が仕事について生き生き話すところや、仕事に前のめりで、しかも楽しんでいることが伝わってきたのが兼松だったんです。この場所でなら目標を高く持って仕事に打ち込める、そう感じたのが決め手となりました。

《 兼松に入社してみて思うこと 》女性でも、エリア特定でも任せてもらえるのが兼松の良さ

笠原

大塚さんは、入社して数年間の経験がありますが、振り返ってみて、就活のときに感じていた「目標を高く設定できる」部分は感じていますか? 

大塚

兼松はエリア特定であっても、自由に発言させてもらえる雰囲気があるので、自分がこうしたいという強い思いを持っていて、きちんとした裏付けを説明すれば、仕事を任せてもらえることがあったかな。最初に配属されたのは特殊鋼貿易部、つまり鉄業界の部署だったので、もっと古めかしい商習慣が残っていて、女性が何かできる環境ではないのかと心配したところもあったんだけど、先輩方が幅広い仕事をしていたし、想像していたような堅苦しさはなかったのね。ただ、2007年でもまだ業務にタイプライターを使っていたから、そういう古めかしさは残っていたけれど(笑)。

笠原

私は輸入したとうもろこしの国内デリバリーを担当しているのですが、配属間もないので、明確な目標が見えてくるのはこれからかな、と思っています。でも、チャレンジングさは、すでに感じはじめています。エリア特定だから営業のいうことだけ聞いていればいいという雰囲気はありませんからね。先輩方も言うべきことは営業に対してはっきり言っているので、私も早くできることを増やしていきたいと思っています。自分次第で業務の効率化を図れる仕事も多く、受身が求められる環境ではないです。そういった意味では、攻めの姿勢で仕事に取り組めているんじゃないかな、と。

小坂

私は審査部への配属にちょっと驚きました。てっきり営業事務をするものだと思っていたので。審査部では、取引先情報の登録や管理、与信設定の際に必要となる信用調査の手配などを担当しているのですが、最初は分からないことだらけで、先輩に質問ばかりしていました。それでも、営業部が安心して取引できるのは、与信あってこそということが徐々に分かってきたので、これからもっと仕事が面白くなってくるだろうな、と予感しています。

辻井

私も、今は仕事を覚えるのに精一杯です。台湾の大手半導体メーカーを担当していて、各営業担当が発注をかけてから納品されるまでの流れを全体的にサポートしているのですが、業務範囲がとても広くて。発注書や出荷連絡の内容を台帳へ記入したり、発注計画をとりまとめたり、サンプル品の管理や請求書処理・付保申請をしたり。最近では、営業さんの資料作成を手伝ったりもしています。まずは、一通りの業務を覚えてから、自分発信で提案できることがあれば見つけていこうと思っています。

《 仕事と子育て 》仕事と育児の両立 実践している先輩がたくさんいる

小坂

結婚して子供ができても仕事は続けようと思っています。でも、入社間もない今はまだ具体的にイメージできていないので、「何としても働き続けたいか?」と聞かれると、分からないというのが素直な意見です。

笠原

私もはっきり決めているわけではありません。結婚して家庭に入る先輩もいれば、働き続けている先輩もいて、いずれもお手本となる先輩です。自分がそうなりそうな時には先輩に相談しながらしっかり考えればいいのかな、と思っています。

辻井

私は、働き続けたいと思っています。忙しくしているほうが好きな性格なので、仕事を辞めることは今のところ考えていません。大塚さんは、お子さんが二人いらっしゃるとのことでしたが、入社当時はどう考えていたのですか?

大塚

入社したときから、仕事は続けようと漠然と考えていたような気がする。結婚したのは入社2年目のときで、子供ができたと分かったときは「会社に迷惑をかけてしまう」とすごく心配になったかな。でも、やはり辞めようとはまったく考えなかったんだよね。仕事が面白かったし、産休や育休制度もあったから、家族の協力さえあれば両立できるはずだなって。

辻井

やっぱり家族の協力は必要なんですね。

大塚

うん、色々と不都合なことは起きるだろうから。

小坂

共働きを選ぶなら母親かお義母さんが近くに住んでいたほうがいいんですかね?

大塚

そのほうが手伝ってもらいやすいのは間違いないかな。

小坂

そうですよね。それから…、やはり仕事と育児の両立は大変ですか?

大塚

時間の制約があるから、子供がいなかった頃とまったく同じ働き方というのは難しいかな。でも、兼松でなら両立は出来ると思うよ。両立するとなると今まで以上に時間の使い方に気を遣うようになるし、社内で仕事を任せる機会も多くなるから周囲に気を配るようにもなる。兼松の社員は協力的だから、自分の仕事がどういう状況にあるのかを日頃から共有していれば、突然子供が熱を出して早退するようなときでも、協力してもらえたりして。それに、仕事に割く時間は以前より短くなっているけれど、中身が濃くなる分、メリハリがつくというメリットもあるよね。

辻井

時間が限られる分、段取りがよくないと大変そうですねえ。仕事を覚えている段階だから、まだそこまでイメージできないというか、今はちょっと自信がないです。

大塚

楽とはいわないけれど、限られた時間の中でどうにかすることを考えるようになるから、自然と仕事を前倒すようになるんじゃないかな。日々の仕事の優先順位を考えたりもするのも、日々仕事で行っている慣れがすごく大事だと思うよ!

辻井

忙しすぎてストレスが溜まったりはしませんか?

笠原

それは、私も気になります!

大塚

もちろん仕事でイライラすることもあるし(笑)、子育ても大変。でも、仕事のストレスは子供と接することで忘れられるし、育児の悩みは、仕事に集中することで気持ちが切り替わるから、それがある程度ストレス発散になっているかな。休みの日は同じワーキングマザーのママ友と相談しあったりして、意外にストレスは溜まってないかも。

笠原

なるほど!ちなみに、産休や育休は、制度が整っているだけでは意味がなくて、取得しやすいかどうかが大切だと思いますが、大塚さんの時は周りの雰囲気はどうでしたか?

大塚

振り返ってみて、周りの理解があったほうだと思う。たとえば、妊娠が分かって当時の部長に報告・相談したら、すぐに軽勤務取得の準備を後押しくれて。それに、部長の同期でワーキングマザーとして働いている先輩を紹介してくれて、「何か不安なことがあったらいつでも相談しなさい」って。あれは、本当にありがたかった。

辻井

それって心強いですよね。初めてのときは、分からないことばかりで、どうしても不安になると思うから。社内のワーキングマザーの先輩から体験談を聞ければ、安心できそうですね。

大塚

その点、兼松には子育てしながら働いている先輩方がたくさんいるから、相談しやすいんじゃないかな。働くママの先輩として何か相談したいことがあったら、私にも遠慮無く聞きに来てね!

笠原
小坂
辻井

覚えておきます!

Daily Schedule
  • 8:45出社
  • 9:00始業、メールチェック
  • 9:30課会
  • 10:00客先から受注したオーダーをシステム上にインプット
  • 11:00メーカーより出荷情報の入手、客先に対する出荷書類の作成
  • 12:00お昼休み
  • 13:00請求書処理、書類のファイリングなど
  • 14:00サンプル入荷、客先への発送手配
  • 15:00営業さんが会議で使用する資料の作成
  • 17:30退社
Private
  • 美味しいご飯とお酒がとにかく大好きで、新しいお店を開拓するのにはまっています。

  • 体を動かすことが好きで、FEELCYCLEというバイクエクササイズのジムに通っています。先日は同期の笠原さんと一緒にレッスンを受けてきました!

Daily Schedule
  • 9:00〜出社
    ・メールチェック
    ・荷渡依頼書の発行
    ・入金、送金の手配
    ・船のBooking/船積み書類作成
  • 12:00〜ランチ
  • 12:55〜・請求書の発行、出金手配
    ・為替管理
    ・トウモロコシの入庫、端数の調整
    ・サンプル送付
  • 17:10〜退社
Private
  • 仕事終わりに横浜スタジアムや神宮球場によく行きます。会社の先輩方に連れて行っていただくことも多いです。

  • 同期宅でパーティー!会社終わりに集まったり、同期との時間は癒されます♡

Daily Schedule
  • 8:45出社
  • 9:00~メールチェック(海外調書取得、客先登録等)
  • 10:00~資料作成(信用不安情報のまとめ)
  • 13:00~来客対応(興信所より信用不安情報の入手)
  • 14:00~情報インプット(信用不安情報)
  • 15:30~伝票作成(支払、出張費精算等)
  • 18:00~退社後、部で飲み会
Private
  • 大好きな同期と女子会

  • 先輩たちと一緒に同僚の結婚祝い

Dialog Index