OUR BUSINESS

5つの事業部門。
それを支える職能10部門
兼松は「電子・デバイス」、「食品」、「食糧」、「鉄鋼・素材・プラント」、「車両・航空」の主要5部門を軸に、世界と日本を繋げるワールドワイドなビジネスを展開しています。
扱う商材はあらゆるジャンルの食品・食糧から、自動車、航空機の一部分に使われる精密機器までさまざま。
幅広い分野において事業を展開する5つの「営業部門」と会社の発展に欠かせない役割を担う「職能10部門」を基盤とし、顧客が感じている問題を提案により解決する“お役立ち”と、世の中のニーズを発見・開拓し、新しい価値を創出する“事業創造”を推進しています。
5 DEPARTMENT

電子・デバイス

豊富な経験より培われたノウハウを活かし、開発段階から量産供給にいたるまで、お客さまのニーズに合ったバリューチェーンを提案することで、付加価値の高いビジネス構築を目指しています。

食品

安心で安全な食をお届けすることにより、世界の人々の豊かな食生活と、地域社会の人々の生活の質の向上に貢献することを目指しています。

食糧

安心で安全な食をお届けすることにより、世界の人々の豊かな食生活と、地域社会の人々の生活の質の向上に貢献することを目指しています。

鉄鋼・素材・プラント

鉄鋼製品や石油製品、機械、プラント・インフラ事業など幅広い分野において、付加価値の高い商品の提供、開発に取り組んでいます。

車両・航空

成長と多極化が進む世界の二輪・四輪市場において、グローバルなサプライチェーンを構築。航空機・衛星関連ビジネスにも注力しています。
ROOKIES VOICE

若手社員による部門紹介

電子・デバイス

電子・デバイス部門で扱う商材は、日々技術革新されるため、新しいものを追いかける楽しさがあります。一方で、商材の陳腐化が激しく、商材自体の理解も難しいため、技術や商材を常に勉強し、新しい市場に目を向け続ける大変さもあります。その緊張感を持ちながら、新しいものにチャレンジすること、それが私自身の目下の課題であり、使命であり、また電子・デバイス部門の醍醐味です。『商売になるのであれば、何を売ってもいい』そんな言葉に、わくわくする人が活躍できる部門だと思います。
横尾 わかば
兼松アドバンスド・マテリアルズ(株)出向中
2012年入社/文学部 人文学科卒

食品

人間にとって必要不可欠で、誰もが口にする「食」に携わることにより責任感を持って仕事ができます。また、自身が関わった商材が採用され、実際の商品として店頭に並んでいる光景を見ると、これ以上ない達成感を感じます。仕事の難しい点は、食料が季節ものの商材や農産物であるため、毎回同じ品質ではないことです。商材を知り尽くし、見極める目を養うことが必要です。食料は多くの産地に点在しているため、世界中の国とあらゆる商材についてやり取りができ、出張、駐在などさまざまな働き方ができるのも魅力です。
小川 雄也
食料部門 食品第二部フルーツ加工品課
2013年入社/政策学部卒

食糧

人間にとって必要不可欠で、誰もが口にする「食」に携わることにより責任感を持って仕事ができます。また、自身が関わった商材が採用され、実際の商品として店頭に並んでいる光景を見ると、これ以上ない達成感を感じます。仕事の難しい点は、食料が季節ものの商材や農産物であるため、毎回同じ品質ではないことです。商材を知り尽くし、見極める目を養うことが必要です。食料は多くの産地に点在しているため、世界中の国とあらゆる商材についてやり取りができ、出張、駐在などさまざまな働き方ができるのも魅力です。
小川 雄也
食料部門 食品第二部フルーツ加工品課
2013年入社/政策学部卒

鉄鋼・素材・プラント

高品質の日本製商品を海外のお客様に販売しており、海外企業の社長・部長といった意思決定者の方々と直接商談を行う機会も多いので、自身の交渉力が商談結果に直結するダイナミックさが魅力です。数年がかりで取り組んだ案件が成約に至った時には、たとえようの無い充実感を覚えます。また、一件の契約の成約額が数億円に上ることも珍しくありません。若いうちから規模の大きなビジネスを任される、兼松の懐の深さに感謝しつつ、仕事に励んでいます。
仲野 亮
KANEMATSU USA INC./ヒューストン
2010年入社/農学研究科修了

車両・航空

二輪車・ATV(バギー)・Snowmobile(スノーモービル)のエンジン用部品を北米・欧州・アジアを中心に世界中に供給しています。エンジン用部品の専門的な知識を理解した上で、お客様の要望やサプライヤー(供給元)の見解を把握し、Win-Winな関係を築くために、自らが双方を取り纏めていくことが醍醐味だと感じています。その中で、言語や文化が違う相手と交渉する必要もあるため、両社から信頼を勝ち得るべく、日々勉強し、自分自身を成長させていく必要のある環境に身を置けることも魅力だと感じています。
吉田 康晴
車両・航空部門 車両車載部品第二課
2012年入社/人間科学部 人間情報学科卒
FUNCTIONAL DEPARTMENTS

財務部

会社経営に必要な内外資金の低利安定調達と、会社の資産・負債を総合的に管理することによる会社財産の保全及び財務の健全性確保。

主計部

企業会計原則およびその他の一般に公正妥当と認められる企業会計基準に則った、全ての取引の正確且つ迅速な処理と、真実な会社の財政状態および経営成績の明瞭化による経営向上への寄与。

営業経理部

営業会計事務と与信枠等の枠管理。

審査部

当社及び当社グループの取り扱う多種多様の案件組成に対する専門知識を駆使したリスク分析と、経営の意思決定のための意見具申。

法務コンプライアンス部

経営施策及び案件に対する法的サポート、各種契約書の作成審議や紛争・訴訟の予防及び対応。

運輸保険部

物流最適化戦略の立案・推進。各種保険知識を駆使した損害保険の設計・付保を通じたリスクマネジメント。輸出入関連法規を中心としたコンプライアンスへの対応。

IT企画部

社内基幹システム、通信・ネットワーク・情報の総合的な企画・管理。システムインフラの最適化と最新化。

監査室

コンプライアンスに基づく社内監査。

企画部

経営直轄下での経営方針策定。海外店業務支援と市場戦略立案。国内外関係会社の経営実態把握と経営諸施策に対する指導及びサポート。当社グループの横断的関係会社運営施策の立案。

人事総務部

人事施策の企画・立案・運営、採用・研修、CSR推進、環境マネジメントシステムの構築・管理、株主窓口、会社ファシリティー管理、役員秘書。