WORKLIFE
BALANCE

福利厚生

SYSTEM
商社である兼松にとって人材は大切な財産です。
兼松では、ワークライフバランスの観点から社員が働きやすく、働き甲斐のある会社としていくためにさまざまな制度を整えています。
そのために、家族と過ごす時間や趣味に使う時間、社会との関わりを持つ時間を大切にするよう職場環境を充実させる取り組みを進めています。
2017年1月にはこの取り組みが評価され、厚生労働省より※次世代認定マーク「くるみんマーク」を取得しました。
  • 妊娠

    【休暇制度】

    妊娠休暇(有給)妊娠障害・通院のための休暇として、1妊娠につき21日以内で必要な日数を取得できます。

    【勤務体系】

    通勤ラッシュを避けるための軽勤務制度として、1日につき90分以内の時間短縮による軽勤務があります。
    (給与は短時間勤務期間中も通常通り支給)
  • 出産

    【休暇制度】

    産前産後休暇(有給)産前6週間(多胎妊娠の場合14週間)以内、産後8週間の休暇を取得できます。
    男性の休暇(有給)男性従業員が配偶者の出産にあたり、1出産につき5日の休暇を取得できます。
  • 育児

    【休暇制度】

    子の看護休暇(有給)小学校を卒業するまでの子を養育する者を対象として、子が1人であれば5日/年、2人以上であれば10日/年を取得することができます。(半日単位で取得可能)

    【勤務体系】

    満3歳までの子を養育する者を対象に短時間勤務制度があります。(給与は短時間勤務期間中も通常通り支給)
    小学校卒業までの子を養育する者を対象とし、時差出勤・フレックスタイム制度があります。
KURUMIN
兼松は、2017年1月に「くるみんマーク」を取得しました。
これからもより働きやすい環境作りを目指していきます。
厚生労働省の認定基準に基づき、「子育てしながら働きやすい雇用環境の整備に取り組んでいる企業」に与えられるマーク。
※2010年12月に引き続き2回目の取得
厚生労働省の認定基準
  • ・女性の育児休業取得率70%以上
  • ・男性の育児休業取得者がいることなど
WELFARE PROGRAM

各種制度の概要

厚生施設やクラブ活動など、社員とその家族の生活がより豊かなものになるよう用意された、兼松の福利厚生をご紹介します。
独身者には借り上げ寮が提供されるほか、千葉県に自社グラウンドを保有。毎週末にはクラブ活動が活発に行われています。
  • 住宅補助制度

    独身寮、社宅など。広域採用独身者のために、借り上げ社宅寮を提供する他、海外駐在員の赴任者、及び帰任者に対しても社宅の提供を行っております。
  • 保養所・スポーツクラブ

    兼松健康保険組合が群馬県草津に直営保養所を保有。また福利厚生サービス会社・スポーツクラブの法人会員として、加入宿泊施設、フィットネスクラブなどの施設を優待利用することができます。
  • 総合グラウンド

    千葉県千葉市に芝生のサッカーグラウンド、野球場、テニスコートを備えた総合グラウンドを保有。休日ともなると、各運動部の活動が活発に行われています。
CLUB
現在、東京本社・大阪支社において運動部・文化部が活動中。各部主催で年に1回は社内大会が行われています。
●ゴルフ部:社内ゴルフコンペ ●野球部:ソフトボール大会 ●フィッシング部:フィッシング大会…など
従業員相互の親睦ならびに体育徳育の向上に寄与しています。
運動部
サッカー、野球、ゴルフ、テニス、ラグビー、バスケットボール、スキー、フィッシング、マリンスポーツ、剣道、ハイキングなど
文化部
華道、和装
OTHER

休日・休暇

完全週休2日制。12月29日~1月3日
各従業員に有給休暇(最高20日、初年度14日)
【特別有給休暇】
慶弔休暇、介護休暇、配偶者出産休暇、育児休業、ボランティア休暇

勤務時間等

9:00~17:10(休憩12:00~12:55)。
フレックス・タイム制度、時差出勤制度あり。
また、TPOによって各自が服装を自由に選択できる「カジュアルエブリデー制度」を他商社に先駆けて導入。

諸制度

財形貯蓄、社員持株会、本社内診療所、等

ブロンズウィーク

飛び石連休の中日、あるいは3連休の前後に年次休暇の取得奨励を行い、4連休以上の休暇を最低年2回取得できるよう推進。